エッセイ,  音楽

声楽経験者がアマチュア合唱団にいると起こる「あるある」

「あなたのためを思って言っているの!」という言葉を使いながらも、本当は目的は「その人自身の成長や向上」などではないことがよくある。

 

「私はあんたよりも上なのよ」と示すためであったり、「自分の優位的な立場を脅かしそうだから潰しておこう」であったり、「その人をその集団と同質化させること」だったり…。だいたい「あなたのため」ではなく、そう言っているその人自身の居心地のため。

 

「あなたのため」という呪い

「あなたのため」と口にする人は、その人のことを思って言っているという体で、道徳を引き合いに出したり人の良心に漬け込んで自分の都合のいいように人をコントロールする。
しかも、外面は「良い人」のまま他人の人生に干渉してくるので、不快感を感じてもそれを主張することが悪いことであると思わせるという手口。とてもたちが悪い。
要は人を自分の思い通りにしようとする行為であり、支配的な行動といえる。カバードアグレッションやモラルハラスメントだ。

 

声楽をかじっていて合唱団と関わるとよくある場面。

「発声が違う」「あなたのため」などと言いながら求めていないクソバイスのオンパレードにより「あなたは私より下なのよ」を誇示してくる団員(爆)

そして思った。
合唱や声楽をめぐる技術の混乱は↑こういう行為が咎められることもなく横行している状況のせいもあるよな…と。

 

存在しない共通認識

ピアノでは技術的な混乱がそこまでひどく起こらないのは、ピアノというものは少なくとも「弾ける人間に師事する&できるようになる」…という流れが一般的だからだろうか。
最初から的確に指を動かして演奏するということは素人にはできない。普通は。

 

でも、「歌」に関してはそうでもない。

特に合唱については歌唱技術構築の手順を知る専門家がいない状況下で練習をすることも多い。また、最初からある程度歌えてしまう(声が出るとか耳がいいとか)人の存在もある。
最初からある程度歌えてしまう人が技術とは何かを知らないまま指導しているケースすらある。

 

ピアノは長年習うことによって習得することが多いという性質から、マウンティングの質が歌のそれとは異なる。よく小中学生がするわかりやすいマウンティングは「教則本どこまで進んだ」だの「何を弾いたか?」などだ。
技術の無い人間からの意味のわからないマウンティングはそもそも成立しにくい。「共通認識」として技術的な進度についての理解は存在しているから。

 

でも、歌はそうではない。そもそも技術についての共通認識が存在しない。よって的はずれなマウンティングが横行しやすい。歌においては所謂「下手ウマ」がむしろ味だったりするのもまた複雑さを増している。

 

「その発声は間違ってる!それはオペラの歌い方でしょ!!」

 

という、声楽とアマチュア合唱の両方をやっていると言われる「あるある」。
私もかつて言われた。
他の人にフォローされる程、目で見てわかるくらいに対抗意識が凄くて、練習時以外でもあらゆることで(的はずれな)マウンティングの繰り返しだった。

 

その人の隣で歌うのが苦痛で仕方がなく、舌根ガッチガチで歌うその声に悪影響を受けてあからさまに歌いにくくなることを繰り返し、もう無理だ、とソロに集中しようと思って合唱団を辞めた。…という流れも「あるある」。

「あるある」…!!( ・`ω・´)

 

楽器に例えると

そもそもやっていることが根本的に違うことがよくある。
声帯が振動して音が出るという認識すら無いケース。裏声しか使ってはいけないと思っているケース。子音と母音が同時発音で筋肉の硬直を起こす&声帯の適切な鳴りを得られずにどうしようもないケース…などなど。

 

そこに、声楽的によく鳴る人が混ざった時の周囲の反応は分かれる。

「歌える人」としてソロに登用するなど歓迎する人達と、「この声は合唱のあるべき姿ではない!」と否定的感情を持つ人達。

 

これを吹奏楽で例えると、楽器の音がそもそもちゃんと鳴らせてない人達の中にソロでも吹けるような人が混ざった…というような状況なのだけれど、そのように全体に認識してもらえるのは「幸運」だ。

 

これが使用する楽器が異なると起こる大きな差であり、やりにくさだと思う。

そもそも一般的には歌うということについて、楽器を演奏しているという意識がない。
吹奏楽等とやっていることは同じなのだが、日常的に使用している「声」を扱っているためか一人一人が楽器を持ち寄って演奏しているイメージを持っているアマチュア団体は多くはない。そして、その楽器に長い地道な訓練が必要であるという認識についても同様だ。

 

「誰でもできる手軽な趣味」…「合わせて唱え」ていれば成立するというような誤解。音取りして暗譜さえすれば大丈夫?…と。それは、他の楽器でも可能だろうか?と。リード楽器でもなんでも、まずは音を出す練習からだ。ロングトーンでも音階でも、「プピィー!」なんて調子っぱずれな音を出していては合奏なんて出来ない。

 

コミュニティの分裂

「吹けてる吹けてない」の共通認識がそもそも存在しない場所において、吹けない人に混ざった吹ける人というのは「ただの異質な存在」以外の何物でもない。ボリュームゾーンでないだけで疎外対象となるリスクは高まる。ましてや「みんな同質であるべき」という価値基準を持つ人間にとって、異質でありながら(その人からみたら)いい待遇を受けていると思われたら反感を買うのはもはや当たり前だ。

 

そうして、だいたい団体の中に派閥のようなものが出来上がり、分裂し、「棲み分け」がなされる。
従って、声楽と合唱は違う!となったまま技術についての共通認識は得られない。

 

「声楽の声は間違っている派」の方は、高音をピアニッシモで歌う技術が高等テクニックであることも知らぬまま、「違う方法」で声を出し続け、また他者にもそのように要求するため声楽を学習中の人間は居着くことができない。

 

まとめ

合唱は指揮者を中心にまとめるので「優先とすること」は違う。でも、人間の身体の構造は変わらない。
生理的に理に適った方法は存在するし、最初にやるべきこともある。

空気を大量に送り出したからといって声は鳴らないし、「頑張った」からといっていい演奏にはならない。
スポーツで例えるのなら必要な筋肉や基礎力が無いのにその競技はいきなりできないのと同じだ。

 

そういう基本的なところでさえ認識されていない場面にまだ出会う。
共通認識があるだけで、声楽をやっている人間が「発声が間違っている」とされていびられたりすることもぐっと減るのではないかと思う。
技術が何か?という意識があれば学び合いもできるのではないか。

 

声楽をやっている人も、他の人と一緒に歌いたいと思っている人はたくさんいる。
でも、本人は友好的にやりたくてもやりにくい状況になりやすい。

 

自分にだけわからない会話を目の前で延々とされたり、発声を間違ってると言われるだけではなくて「声楽は美しくない」と言われたり…私も色々あった。
こちらは何もしていなくても。…というか、まともなコミュニケーションが成立しているとは言い難い状況で、ただ歌っているだけでも。

 

でも、そんな話は全然珍しい話ではなくて、むしろよく聞くこと。「あるある」だ。

こういう状況がもっと改善されればいいのになと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です