歌声を聴けるのは最後かもしれない

と思いつつ、師匠の出るコンサートに行ってきました。

感傷的な気分を引きずったまま&どうしても夜遅くなるので頭がしゃきっとしない翌日の午前。

 

息子に退院の兆しが見えはじめ、自宅に数泊したりしていたこの頃。

退院後の生活を色々と想定しながら、しばらくいけなくなるであろうお世話になった先生方のコンサートに足を運び、挨拶しています。

合間を縫って、協力を仰ぎ…していたことが、今後医療ケア児がいるとなると、託児条件もかなり厳しくなります。

年単位で。

…師匠の齢を思えば、最後になるかもしれないな…と思いながら、しっかり目と耳に焼き付けておこうと。

 

なんだか泣きそうになったり。

…というか、現在、なんかしらんけどキーボードを打ちながら泣いてます(笑)

 

 

いつも元気な人…という扱いをよく受けるけれど、実際はそうでもないです(笑)

でも、先生の言葉は激励だと思って、そう思うことにします。

 

名前は、呼び捨てがいい。

ちょっと偉そうに、呼び捨てがいい。

「ちゃん」づけとかいらねーや。

なんか距離ある感じして、好きじゃない。

 

やさしいのは、たま~に、でいい。

先生は厳しくていい。

重箱の隅をつつくように、ダメ出ししてくれていればいい。

それが「らしい」じゃないか。

 

やさしい感じは苦手だな。

泣きたくなる。

 

なんてね。

独り言ですw

 

 

 

一人で来ていた私に、隣に座った方が話しかけてきた。

声楽家の方ですか?演奏活動とかされてるんですか?みたいな。

お客さんの年齢層的(シニア多数)にだいぶ若いので、そのように思われたのでしょう。

「お若いですし、頑張ってくださいね!」と言われた。

 

出来ることを大切に。

前向きに励んでいこうと思います。

 

…たまには「日記」でした。

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

私からのお知らせを受け取ってくれる方は是非「お友だち追加」してください♪^^
講座&グループレッスンの開講やコンサートのご案内をお送りいたします。
↓↓↓
友だち追加

♪ツイッターもやってます♪
↓↓↓

↓ソーシャルメディアで共有する↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です