歌と人生

小学校のバザーに向けて物品を回収しているので、家の中を大整理中であります。

普段からもっと目を光らせていれば物もそこまで滞らないのだろうけれども、ちょっと忙しくなると整理整頓がどうも疎かになり、部屋の空気が淀みます。

 

…で、休憩。

 

カフェモカうめぇ~…(*´ω`*)

ふぅ~…っと息を吐きながら、ぼーっとして、少し隙間の空いた本棚を眺めます。

 

隙間がないとさー。

新しいもの入ってこないよね。

 

「次の手術が終わったら退院ですかね。」って言葉に、「(あぁ、もうすぐ2年だけど、やっとそういう時期になったんだなぁ…)」という、感慨深さ。

 

新生活に備えて。

ちょっと、色々と変えたくて。

もっと「自分を丁寧に扱った生活」をしたくて整え中。

 

ブログには色々と希望的なことを書きつつも、実質、子どもが障がい児という段階で「キャリア」からは殆どドロップアウトしたような立場にいるのだけれども(預けられないしね)、でもやっぱり、まったりとでも音楽を通じて人と関わりながら生きていきたいな~とは思っているわけです。

私なりに。

マイペース過ぎて、若い頃は期待の言葉をもらったりもしたはずなのに、本当、ろくに何もしてませんが(笑)。

点滴と他の医療ケアがありつつ・・・家でだったら教えられる!とか、義務教育が始まればもうちょっと何か出来る!とか思い描きつつ。

 

音大でも無かったのと、歌い手志望者が集まる集団にも結局所属していないので、正直「○○が歌える!」っていうことの意味もよくわからないまま今まできたように思います。

夜女だのルチアだのキャンディードだの椿姫だのと…。

肩書きの無い私が歌うには「生意気だ」と言われる選曲をたくさんしていたようでしたが、「よくこの曲歌えるよね」と褒められても、正直何がすごいのかわからず。

私としては、名だたる歌手のようには全然歌えない下手くそな自分に「(あーあ、なんでこんな風に歌えないのだろうか…。)」と悶絶しているわけで(笑)←当時20代が比べることがそもそも非常におこがましいww

…別に練習すれば誰でも「それなりには」歌えるんだと思ってました(というか今もそう思ってるところがありますが)。

 

まぁ、「素材」はあくまで「素材」でしかありませんけどね。

「素材」は、外部要因も本人の希望も、色々な条件が揃って初めて大きく育っていくのかなと思います。

 

人生色々です。

 

 

「お母さん」になりたかったので。

「二者択一」なら、それも致し方なしでしょう。

 

…今はまだ先の生活が読めませんが、でも、これからきっとまた「ここまでだったら出来そう」を広げていけるとは思ってます。

秋はちょっと感傷的な気分になりやすいですね(笑)

 

さて、また整理するかな。

 

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

私からのお知らせを受け取ってくれる方は是非「お友だち追加」してください♪^^
講座&グループレッスンの開講やコンサートのご案内をお送りいたします。
↓↓↓
友だち追加

♪ツイッターもやってます♪
↓↓↓

↓ソーシャルメディアで共有する↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です