歌声の見直し

 


今まではどちらかというと、圧を加える癖の方が出やすいから、「やわらかい」音色であろうとしている部分があったんだけども…なんというか、やわらかさの中にももっとピントがあってる感じ…というか、もっと声の芯が無いと聴いててつまらないような???と思い(ごめん抽象的)、自分の声をいじってます。

 

…好みの問題も含んでますが。

 

軽やかでありつつも、もっと輪郭のしっかりした声がいいなぁ…と。

サザーランドとかグルベローヴァとかは、軽やかだけどもっとエッジが効いている??ような感覚が私の中ではあり…。(敬称略)

 

ろくに活動が出来ないということは時間をもらったということだと思って、声の探求に時間を使うのもいいなぁと。

やんなきゃいけない曲に追われていると、なかなかこういうことは出来ないので。

 

↓ソーシャルメディアで共有する↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です