合唱とソロは発声が違う論について

さて、歌声実験動画です。

「頭声」という言葉の意味するところが人によって色々ある&「地声」という言葉の意味するところも人によって色々あるようなので、ここでは「裏声」と「胸声」という言葉を使用します。

(こっちはだいぶ共通認識…のはず)

 

ポケモンのED「心のノート」の投稿動画を番組で募集していたので友人を誘ったのですが…残念ながらパート分けできる人数に達さないので一人で多重録音をしてみました。

…というのをきっかけに、「なにこれおもしろーい!」ということで色々と実験。

 

よくソロをやっている人が合唱に混ざると「あなたの発声は間違ってる!!」とか言われるんですけど(っていうか、私が昔言われた)、間違ってる間違っていないという話ではないのだぞということを動画で説明できればいいなと。

 

↓こちら、一般的な合唱団で使用されている裏声をメインにした発声の多重録音です。



やわらかい仕上がりでございます。

 

そして、こちらは胸声強めにして多重録音してみたバージョン。

通常女声だったら高い音はもっと裏声の要素を強くするのですが、あえて全体的に胸声強めです。





録音の段階でdbが全然違いましたが(こちらの方がずっと音が大きい)、ラインがはっきりした印象の仕上がりでございます。

 

…で、お次はこちら。

これも胸声が強い(←閉鎖をしっかりしているという意味)のですが、民謡とか演歌とか、そっちよりの発声です。(これは曲の一部を切り取りました)



 

使用している技術が統一されていれば、好みに違いはあれどカタチにはなっているのではないかと思いますが、いかがですか?

 

合唱では「地声で歌ってはいけない」と言われることがありますが、地声も裏声も、両方の機能が健全に扱える方が色々なジャンルを歌うことが可能です。

ちなみに地声…というのは、いわゆる喉を締めた声ではありません。(※ここで「胸声」という言葉を使ったのはそのため。)

 

合唱でもソロでも、クラシックでもポップスでも、何を表現したいと思っているのかによって適切な表現方法を取捨選択できるようになることが理想であり、それが技術なのではないかと私個人は思っています。

 

ということで、試行錯誤しながら練習あるのみ~ヽ(=´▽`=)ノ♪

ではまた♪

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

私からのお知らせを受け取ってくれる方は是非「お友だち追加」してください♪^^
講座&グループレッスンの開講やコンサートのご案内をお送りいたします。
↓↓↓
友だち追加

♪ツイッターもやってます♪
↓↓↓

↓ソーシャルメディアで共有する↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です