やさしい







人ってやさしいんだなって思うことが増えた。
昔はあんまり無かったなぁ。




転校生いじめにあっていた頃、「話聞くよ」って言ってきた人に話したら、「こいつこんなこと言ってたんだけどww」って、その人含めて数人に囲まれたりして。


それから長年…本当に長年、人に相談自体をしなくなった。
頼ることも苦手で。
「どーせ」って最初から諦めて。


独り言のようなものに、温かい言葉を返してくれる人がいる。
世の中はきっと、私が思っていたよりももっとずっとやさしい。


思い返せば、様々な問題に「手を貸そうか?」というニュアンスのことを言ってくれていた人もいた。
けれども、「いや、大丈夫。」って受け取らなかったのは私なのだ。


芯があるとか強いねって言われたけれど、違う。
温もりに触れることが恐かったんだ。
心を許すことが恐かったんだ。



繋がること自体を拒否していたのは私なんだ。
本当、不器用でどうしようもない。


「どーせ」の中身は、自己否定だけじゃない。
同時に相手も否定してるんだ。
線を引いたのは、相手だけじゃない。
私自身も心に線を引いていたんだな。
と思った。




こんなもんを、実名で公開している自分も本当、しょーもない(笑)
人との距離感がわからなくて困る。
わっかんないんだなー。
わかんない。
でももう、わからないままでもいいのかもしれない。

↓ソーシャルメディアで共有する↓