マッチポンプに囲まれて

2019-05-12 16:06:00

 

前回の話にちょっと関連する雑感。

自分で選んでいるようで選んでない。

…という、状態がある。

というか、世の中の大きな流れがマッチポンプだ。
マッチで火をつけて、ポンプで消火をして「いいことしたでしょ?」って自作自演。嘘。そして、コントロール。

…自分もその流れに十分に乗っかっているとは思う。
社会で生きているという時点で。
ましてや、日本という国に生きているという時点で。

買い物ひとつ、その企業のやっていること、その企業が関わっていることへの投票。何かを買うことで戦争に協力していることなんてザラだ。

 

………

こういう状況をしょうがないと言ってしまえばそれまでなのだけれど、あんまりあからさまにそういうマッチポンプなやり方で商売をする人はどうにも好きになれない。

いや、そもそもそこまで考えて商売をしているのではなくて、よくある手法のひとつをただ選んだだけなのかもしれないけれど。

たとえ商品自体に興味があってアクセスしても、うわーと思って萎えるので買わない。
売り方に見える売り手の姿勢が嫌だ。

 

「これを買うとこんないいことがありますよ♪」
…は、誰もディスられずにハッピーだけど、

 

「今のあなたはダメだ!でもこれがあれば大丈夫!これを買わないあなたは愚かだ!」
という姿勢は、そもそも買わない選択以外は否定されている。
わざとマイナスを作る。
マッチで火をつけてるマッチポンプ。

 

………

こないだのツイート。(ぼやき)


 

「私達こそが本物の芸術よ!これがわかるあなたは素晴らしい!」系の、…なんか、妙な新興宗教みたいな気が…。
本物って、ナンデスカ?
いやー…売り方自体が嘘じゃね?っていう。
まー、世の中は嘘だらけだから、まことなのかな。
……。
宗教って儲かるらしいっすね。
そう。
結局マッチポンプは儲かるんですよね。
民衆扇動のテクニック。
ナチスの民衆扇動であんなにたくさんの人が狂気と化したように。
それを罪悪感なくできる人が社会的にも成功しやすいというね。
煽られても動かなくなりたいね。
じっと観察して見極められるように。

↓ソーシャルメディアで共有する↓