今が一番大変だと言い聞かせる

息子の退院後、点滴準備、調剤(6種類)その他の医療ケアをいかに効率化出来ないか?を試行錯誤しているこの頃です。

 

年末年始のあのまったりした雰囲気が、皆無。
日付の感覚無し…(笑)。

 

わぁーーーーーーーー(‘0’)!!

 

我が家は年末年始の厨房は旦那担当なので、だいぶ助かってます。
そして、旦那の料理がうまい…(*´▽`*)!!
仕事始めがこわいけど。

 

怒濤の退院日。
その翌日。
…そして、数日経った今日。

日に日に慣れてきている実感はありつつ、慣れてくればくるほどに、病院生活に慣れていた息子の行動もめきめきと自由になり、要求が激しくなり、甘えん坊になり…次女は赤ちゃん返りをし、進んでいたはずのトイレトレーニングは拒否するようになり…(^-^;;;;;;;

「お母さんは私のなんだから!!」
私を取り合う2人。
未だかつて無いモテ期。

なにこれー?!
めっちゃ大変なんすけど。

「よこたんはぁ~♪みんなのものだから(´∀`)」 ←柄にもない

なんて(爆)

でもまぁ、一番大変なのは「今」。
これより大変になることはない。
…と、言い聞かせてます。

というか、いつ緊急連絡が入るか?とか、生きるか死ぬかという時よりも遥かに気持ちは楽なので、忙しさという面で大変だったとしても世界はカラーです。
白黒時代を思えば「幸せな大変さ」だなと。

新年はいつも抱負とかを書いたりするのだけれど、生活がまだ落ち着かなすぎてなんとも…(^-^;

急成長する年齢なので、怒濤の数ヶ月を乗りきって、話はそれからかなと思ってます。
きっと、こんなに密度の濃い一年はそうそうないであろう一年になる予感がしてます。

 

さて、2018年。
実り多き一年にします。

 

追記(←にしては長いw)

こないだ、訪問診療の関係で医療関係の方々が我が家に集まりましたが、お母さん(私)の職業がオペラ歌手という話になってました(笑)
…病院で歌ったからか??
残念ながらプロとして「オペラ」には出てません。
「声楽家です」と訂正しておきましたが、こういうのは言ったもん勝ちで通ってしまうんだなと(爆)

ピアノ伴奏のハイライトに出たらオペラ歌手?まさかね。
チケットノルマ数十万払ってオペラ歌手?まさかね。

…なんて言ったら…でも、日本にオペラ歌手って一体何人いるのだろうか?と。

そもそも「言ったもん勝ち」で通ってしまうくらいの認知度なのかもしれないなぁと思ったりもしました。
「え?この人はオペラには出てないよなー」という人の肩書きがオペラ歌手だったりすることもあり。
「○○がオペラを歌う」とか書いてあるのに、オペラアリアじゃ無い…ということもあり。
「歌劇場に就職」なんて話が海外ではあることを知っている日本人は一体どれくらいだろう?と。
…というか、そもそもオペラとか観ないよなぁ。

自分が「これはこういうもんだ」と思っているものが世間一般的には違う。
…ということが往々にしてよくある。

「言ったもん勝ち」なら、もっと「言ったもん勝ち」しようかな…(笑)
…と思った年始でした(笑)

 

ではでは!

しばらくそんなこんなで生活が落ち着かないので更新頻度低めです。
読みに来てくださる方、いつもどうもありがとうございます。

↓ソーシャルメディアで共有する↓