憧れとの距離

2019-05-05 23:19:56

ずっと、「こういうふうに歌えるようになりたい」と思っていたものに、今度の9月1日、チャレンジしてみる。

ずっとやりたかったけれど、技術があきらかに及ばずに出来なかった。

 

今だって、「うまくいったときはできる」…という代物で、本番一発勝負で、緊張した中でできるのかは正直わからない。

今まさに練習しているけれども、その巧みさに改めて唸っている。

 

べつに、「それなりに」歌うことはそこまで難しくないと言われる曲達が、ものすごい難曲になる。

バランスが少し崩れると、もう「違うもの」になる。

ほんの少しのタイミング、息の扱いひとつで声帯の振動の仕方が変わってしまう。

それをいかに、息(とそれをコントロールする筋肉)だけで手綱を離さずに、思った音色で歌えるのか。

 

挑戦。

↓ソーシャルメディアで共有する↓