憧れに手を伸ばして

2018-06-11 00:03:19

 

私が、「人間からこんなきれいな声でるのか!?」と衝撃を受けたCDの音源が落ちていた。



これが出来るようになりたい…!!!と思ったCD。

ポピュラー音楽の人達は、幼少期から教育を受ける環境にいないことが多くて、「憧れの人の演奏を完コピする」…というのはむしろ普通のやり方。

けれど、クラシックでそれをやるとだいたい叱られる。

…あぁ、そういえば私も「聴いた感じでやってるから~」って言われたわw

子供の頃は「容子ちゃんは耳が良いから将来が楽しみ!!」と言ってもらえていたけれど、それが褒められるのは子供までということで(´・ω・`)。

ここ数日、この中の一曲をあえて「完コピ」しようと試みている。←あえてを強調

技術的な勉強のために。

やってみるとわかるけれど、激ムズ。

pp~ffまで、こんなに色々やってるのね。という。

<><><><><>みたいな(←クレッシェンドとデクレッシェンドの繰り返しの意)。

そりゃ飽きないわ。

…というのが改めてわかってくる。

(個人的に、殆ど全部フォルテみたいな歌い方をされると飽きる。)

こんなに色々出来たらさぞかし繊細な映像を描けるだろうなと。

はー。

難しいな…。。

いや、でも、予定もないし!!(笑)、やろう。

新曲をみると大抵、のどの疲労が早い。

下手くそなんだなーというのがよくわかる…。(´Д`;)

あー。

うまくなりたい。

歌、うまくなりたいなー。

なんでも「こんな風に描きたい」という映像が描けたら、楽しいだろうなー。

自由になりたい。

もっと自由に。

↓ソーシャルメディアで共有する↓