最近のこととやりたいこと

少し慣れてきた…ような気がする。

昨日、退院後初の外来へ行ったら、「お母さん痩せました?」とちょっと心配そうにきかれた。
 
帰って確認すると、一週間で1㎏減量。
痩せたというより、やつれた?(笑)
 
慣れない生活は疲れる。
けれど、確実に日に日に慣れてきているのを感じる。
夜泣きが堪えるけれど、これもまた数ヶ月の辛抱だ。
 
今日は段ボールで山積みになっていた医療物品の整理。
…ありすぎ(笑)
 
正直大変だけど、でも、新生活を整え終わったら、また何か出来そうな予感はしている。
というか、何かやる。
余裕があったらやるんじゃなくて、余裕がなくてもやる(笑)
 
めんどくせぇと言いながらも作品を作っていたらしい宮崎監督の話を聞いたけれども、おんなじだなと思う。
何だかんだ言っても、結局やるんだ。
 
ピアノもうやめる!ってやめたくせに、結局やってて、やめられなかったように(笑)。
 
人に強いられると反発するくせに、でもやりたいんだな。
自分の内側からの欲求に従って、何かをやりたいという「わがまま」。
わがままな人間にはわがままな人間なりに、出来ることがあるだろうと。
 
 
今度は地元がいい。
ろくに聴いたことがない両親に聴いてもらう機会を作ってみたくて。
 
お前にそんな才能あるわけない?
勘違いするな?
うちはそういう家じゃない。
なに?こんなのが好きなの?
 
なんてまぁ、昔は言われたりもしたなー(笑)
今は笑えるけど。
 
…まぁ、聴いてみてよ。と。
そこまで不味くないよ?
 
家でかかっている音楽は専ら歌謡曲や演歌の実家。
日本におけるクラシック音楽を嗜む層には似つかわしくないお育ちの女が、西洋音楽なんて演奏する。
それはそれで面白い。
 
環境の影響は大きいけれど、意思を持った一人の人間が能動的に学びとれることの可能性…教育や訓練の可能性を見ることが出来るのではないかと思う。
 
ワンレッスン○万円を払えない家庭の育ちでも、これくらいのことは出来るようになるんだぞと。
 

↓ソーシャルメディアで共有する↓