演出と衣装がもうちょっとどうにかならんのだろうか

2018-01-05 13:38:00

特に前半。

…なんて。
ん?あ、いや、独り言です(爆)

 

弦楽器とかの音の方が先に聴こえてくる方。
子音の入りがオケと同時だったら、母音は必ず遅れて聴こえてくるということ。
ということは、全部後手にまわっていて歌が埋もれてしまうということ。
デカイ会場でやるのならなおのこと、もっと音が耳に届くまでの時差も考慮した上で演奏してもらいたい。

もったいないよぉぉぉぉぉぉお!!!

…と思いました。(誰とは書きませんが)

 

同じ曲を、世界の一流歌手と並べて聴くと違いがよくわかる。
素材自体の差というよりも、やはり劇場で育てられるという経験が圧倒的に不足している日本人歌手の弱さなのだろう。
空間の広さへの意識…箱の効果的な扱い方が身に付いていない。

 

「さすがだぁ!!!ヾ(o≧∀≦o)ノ゙」と聴き入って&リピートしてしまう方もいらっしゃれば、ぶっちゃけ「あ…まぁ、いいかな。」って早送りする方もいる(爆)。

正直な感想として、すごい差があると感じたコンサートでございました。

もちろん、人のこと言えないんですが!(笑)
…私自身も「まぁ、こいつはいいや。」って思われないように進歩したいものです。

 

練習時間を確保するのに必死な最近。
全然足りない。
しかも集中できなかったら意味無い…。
ってか、私も部屋でちまちま歌ってばかりいればもやもやした不明瞭な歌を歌ってしまうんだろうなと思いつつ。

でも、「今」をどう乗り切るかだー!!
と思って励む。

私がこの状況で出来ること。
私がこの状況でも貢献できること。

何を捨てるのか。
何を育てるのか。

荷物が持ちきれなくて、決断が必要だなと思うこの頃。

↓ソーシャルメディアで共有する↓